入りたい時に入れない・・・。「老人ホーム問題」

〒807-0873 福岡県北九州市八幡西区藤原4丁目5-20

≫ 入りたい時に入れない・・・。「老人ホーム問題」

まず、老人ホームを知る

一般的な会話では様々な介護施設を『老人ホーム』一くくりにして話をしていまいます。しかしこの老人ホームには、様々な種類があり、入居する高齢者の心身の状況や家庭環境に応じた施設を選らばなけれはなりません。

まずどういった老人ホームがあるのか、下記に並べてみます。

● グループホーム
● ケアハウス
● 軽費老人ホーム
● 生活支援ハウス
● 養護老人ホーム
● 特別養護老人ホーム
● 老人保健施設
● 介護療養型医療施設
● 住宅型有料老人ホーム
● 介護付有料老人ホーム
● 高齢者円滑入居賃貸住宅
● 高齢者専用賃貸住宅
● 高齢者向け優良賃貸住宅
● サービス付き高齢者向け住宅

いかがでしょうか??こんなにあると迷ってしまいますよね・・・。

わけもわからずに老人ホームを探すと、見当違いの情報まで調べてしまい、余計に時間がかかってしまいます。ですから入居者がどのような生活を望んで、家族としてどんなサポートができるのかなどをじっくり考えて、各種老人ホームから絞っていく必要があります。

≫ 事前に予算を決め、体験入居する

老人ホームを探す方の多くは、『毎月10万円くらいなら払えるかな??』という風に、なんとなく考えておられます。しかし、上記の通り、老人ホームの種類はたくさんありますし、同じ種類でもサービス内容に応じて、料金は大きく異なります。

毎月10万円かからない施設から、30万円、40万円を超えるような施設まであります。場合によってはそれ以上も・・・。このような事から予算をきちんと決める前に、介護施設を探してしまうと、気に入ったところが見つかっても予算が合わず、諦めざるをえないことが多くあります。ですから、まず予算を決め、それに応じた老人ホームを探していくのが効率的であります。

次に当相談窓口では老人ホームを検討する際、パンフレットを見るだけではなく、必ず見学することをおススメしています。見学では、パンフレットだけではわからない様々な情報が入手できるからです。また見学といっても『施設内を見て回る』だけでは、本当に必要な情報を得ることはできません。

見学で気に入ったところがあれば、必ず数日間体験入居をして、生活してみるとよいでしょう。入居した日数に応じて、実費負担はありますが、保険と思って割り切るべきです。契約後に『やっぱりこの老人ホームでは生活できない・・・。』となった場合の解約金やその間の手間などに比べれば、負担は少なくてすみます。

≫ いつでも希望の老人ホームに入れるわけではない事を知る

老人ホーム探しの相談を受けるとき、一番多いのは『すぐ入所できる老人ホームはありませんか?』というものです。入所の必要がでてきた時に探しだす。一見当たり前のことのように思われますが、入居者に合った老人ホームを探したい人は、この時期に探しても間に合わない場合もあります。

それはどうしてか?通常、老人ホームには空き部屋がないからです。『この施設がイイ!』と思っても、すぐには入所することができないのです。老人ホームの担当者から『待機者が10人いますので、順番待ちとなります』と言われて待つか?他の老人ホームを探すのか??という選択を迫られます。

施設によっては何百人待ちという場合もあります。この老人ホームの『順番待ち』というのがやっかいで、いつ入所できるのかは誰にもわかりません。空きが出るまで待っておける状況であれば問題はありませんが、なかなかそのような方はいません。

待機者の中には、順番がきても入所しない方も含まれていますし、現入居者が退去する時期を正確に予測するのは、非常に困難となります。また老人ホーム側から考えると、空き部屋があると収入が減るので、必ず満室にさせようと努力します。空いた状況が長く続けば、施設運営に大きく影響が出てきますので、やむを得ない事です。ですから老人ホームのことが気になりだした時点で、余裕を持って探し始めるというのが、入居者の希望に沿った老人ホーム探しにつながります。
バナー
バナー

はじめてのお客様ガイド

サービス内容

介護相談について

介護事業所の選び方

入所施設空き情報

事務所案内

親の介護が気になり始めたら

コンテンツメニュー

バナー
バナー