北九州市の介護相談.com | 当相談窓口の考え方

〒807-0873 福岡県北九州市八幡西区藤原4丁目5-20

親の介護不安をなくすためには

介護施設の入居待ち、老老介護、介護による家族の負担増加など、介護に関するニュースが世間で注目されるようになりました。日本は少子高齢化が進む一方であり、全ての高齢者が十分な介護を受けられる体制が整っていないといわれています。そのような中で、親の介護が必要になったときの不安を解消するためには、両親との話し合いが大切です。

介護についての考えを聞こう

子供は、「介護のことを親に直接聞くのは気が引ける」と気を使っており、親は「子供にはあまり負担をかけたくない」と考えている方が多いため、親子で介護について話題に出すことはほとんどないと思います。しかし、何も話し合わないままでは、いざ介護が必要になったときにお互いが困ることになるのです。 「将来のために、きちんと準備しておきたいから」と前置きし、介護が必要な状態になったらどのような生活を送りたいのか、きちんと希望を聞いておきましょう。前もって意見を聞いておけば、実際に介護が必要になったときの介護サービス選びに役立ちます。

現状の把握も大切

核家族化により、親と離れて暮らしている方も多いです。一緒に住んでいないと、普段の生活の様子がほとんど分かりません。掃除や洗濯、買い物、料理などが問題なくできているのか、生活の中で不便なことや不安に思っていることはないかを確認し、改善できることはすぐに改善策を実施しておくことが望ましいです。 また、両親の健康状態を把握しておくことも大切です。病気を患っていないか、服用している薬はあるか、かかりつけの医師はいるかなどの情報を確認しておきましょう。

お金の話も聞くこと

介護にはお金がかかります。現在の収入や、手持ちの資産がどれぐらいあるのかを聞いておきましょう。たとえ親子であっても、はじめからお金の話を聞くと不審に思われてしまいます。介護の話をした流れで、自然にお金の話を切り出すとスムーズに話し合うことができます。

両親が元気なうちに介護の話をしておくことで、介護への不安は軽くなると思います。「まだ先のことだから」と後回しにせず、早めに話し合いをしておきましょう。北九州市にある当相談窓口では、介護に関する様々な相談を承っております。小倉北区・小倉南区・戸畑区・門司区・八幡西区・八幡東区・若松区など、北九州市にお住まいの方で介護の悩みを相談したいという方は、当相談窓口をご利用ください。

バナー
バナー

はじめてのお客様ガイド

サービス内容

介護相談について

介護事業所の選び方

入所施設空き情報

事務所案内

親の介護が気になり始めたら

コンテンツメニュー

バナー
バナー